たちまちWASABI

NYC郊外暮らしラプソディ

小さいけどステキなベアマウンテン動物園

さて、父ちゃんからサプライズでもらったカメラを携え、ベアマウンテンの動物園へ行ってきました。
新しいアイテム(カメラ)を手に入れて動物園とくれば、もう気になった物は全て撮るしかない!終始カメラを握っりしめてシャッターを切っておりました。

ここ、ベアマウンテンの動物園では、このエリアに実際に生息する動物を見ることができます。
そしてここにいるのは、ケガや病気、または車等との交通事故で負傷して保護された動物達。
なので、ライオンやらゾウがいるような華やか動物園ではありませんが、うちからすぐの場所にはこんな動物達が住んでいるのか~♪と、身近なかんじを覚えます。

左はボブキャット。ニャンコさんだけどさすがワイルドで迫力あります。
右は日向ぼっこ中のアカギツネ。そういえば、数年前には地元駅の繁みに同じタイプが住んでおり、駅の駐車場を闊歩していたこともありました。

f:id:RockinWasabi:20210411182747j:plain
f:id:RockinWasabi:20210411182733j:plain


ベアマウンテンというくらいなので、、、クマももちろんいます。
(クマのbearと、てっぺんがハゲ山ゆえの"bare"がかけてあると聞いたこともあります。)
おこぼれを貰えるうえにクマといれば安心なのでしょうね、いつもたくさんのハゲワシが相席しています。

f:id:RockinWasabi:20210411182727j:plain

クマはというと...
ときどき首や足を動かしながらも、うららかな日差しの中でウトウトです。

f:id:RockinWasabi:20210411182658j:plain
f:id:RockinWasabi:20210411182705j:plain

見上げればはるか上空をゆったり旋回し、動物園内でも私達の頭のすぐ上を流れるように飛び回り、こうして肉食動物の近くにやってくるハゲワシ。
生きた獲物を狩りで仕留めるのではなく、死んだ動物のもとに群がる様子から(ハイエナみたいなかんじ)悪いイメージもあるハゲワシですが、その頭にはなぜ羽毛がなくハゲなのかはその食生活(?)によるものだそうです。
死んだ動物=生きたものよりも雑菌が繁殖している獲物を啄むとき、頭がフサフサしているとそこに菌が付きやすいうえにキレイにしにくく、雑菌が充満してしまうので、頭部分はさっぱりハゲになったのだそうです。
毛足の長いじゅうたんよりもフローリングって感じのことでしょうか。動物の進化ってほんと凄い。

さて、園内には小さな屋内展示もあります。
前回息子が興味シンシンに見ていた爬虫類館は残念ながら閉まっていたので、代わりに外のキレイなお花の写真を撮っておいて...

f:id:RockinWasabi:20210411182720j:plain


鳥類館では、大好きなフクロウや、昨夏我が家の庭によく遊びに来てくれて「クロちゃん」と名付けたカラスなど、ずらりとならぶ剥製の展示にエキサイト。ここもシャッターチャンス♪

f:id:RockinWasabi:20210411182550j:plain
f:id:RockinWasabi:20210411182605j:plain
f:id:RockinWasabi:20210411182555j:plain

化石や鉱物、恐竜の歴史の展示館でも、嬉しそうにたくさん写真を撮っていた姿を見て親は幸せです☺♪

こおのエリアの歴史を紹介する展示館も残念ながら閉まっていたのですが、屋外には鉄製品の説明がありました。
左は、その昔に牛飼いさんが使っていた道具。牛の首にかけてつないでおくための金具などです。
右は鉄製のストラップヒンジ(蝶番)。

f:id:RockinWasabi:20210411182611j:plain
f:id:RockinWasabi:20210411182620j:plain

鉄分好きにはこのかんじたまりません。昔の手作りの武骨なかんじがなおよろし。

屋内展示室は石造りの建物でなかなかステキなんです。
ニューヨークシティからハドソン川を少しのぼったところに位置するので、ヨーロッパからの移民が辿り着き、独立戦争の舞台にもなった歴史の痕跡が残るエリアでもあります。
自然の中にある小さな動物園に、そんな古い時代の雰囲気もあいまって...そのかんじが心地よくて我が家はよくここに来るのかもしれないと思いました☺

鉄分多めのかっこいいドアと写真撮っとこか♪

f:id:RockinWasabi:20210411182627j:plain

ポーズがきまらない不自然な二人。息子は昭和の集合写真のように直立(笑)

園内は、山の自然の中の動物園らしく、大きな岩がそのままあったり、道もアップダウンして、ハイキング気分でも楽しめます。

f:id:RockinWasabi:20210411182740j:plain
f:id:RockinWasabi:20210411182538j:plain

もう少し季節が進むと、一気に緑が生い茂げり、気持ちの良い遊歩道のようになります。
まわりの木々や草花や沼地などにも、その特徴や生態系などを簡単に紹介する説明がついているので、それを読んで「へぇ~」なんて思いながら歩き回るのも楽しいです。

f:id:RockinWasabi:20210411182643j:plain

いつも食べてるパンケーキのシロップは、このメープルっていう木からとれるんだよ。


さて、だいぶ歩き回って激写し続けた息子も、さすがに疲れてきたようです。
しゃがみこんでが、ガチョウに話しかけてる(笑)

f:id:RockinWasabi:20210411182545j:plain

お日様に向かって気持ちよくお昼寝しようと思っていたんでしょうかね、目を閉じかけてじっとしているガチョウからすると話しかけられるのも鬱陶しいはず(笑)
息子は「ガチョウが無視するの。お話してくれない...」と不満そうでしたが。。。


さぁ、いつも最後はここを見て終わりです、コヨーテのコーナー。

f:id:RockinWasabi:20210411182532j:plain
f:id:RockinWasabi:20210411182525j:plain

ワンコみたいだけど、やっぱりワイルド感が違うわ。
うちのあたりでは、クマにならんで稀に住宅街にコヨーテが現われたと地元ニュースで話題になることがあります。春のこれからの時期には"コヨーテ注意報"として流れることもあります。
こうしてフェンス越しに遠くに眺めるぶんには「おぉ~、ワイルド♪」なんて思うけど、いざ近所で見かけたらとても驚くことでしょう。

息子だけでなく、久々にしっかり歩いた私も最後はお疲れさま。
「つかれたよ~」とブツブツ訴えながらノロノロと歩く息子を、「もう少し!頑張ろう!車に着いたらおやつ食べよ♪(ダッコはせんぞ、自分で歩け!)」と励ましながら、無事に駐車場まで到着したのでした。


動物園の途中、ベアマウンテンブリッジの絶景も堪能したので、明日はその話を☺



ポッドキャストWASABI BONBON RADIO」

日々の思いや他愛ない徒然話を喋っています。(前後しながら毎回10分間くらいの放送です。)
声でも聞いてやろうじゃないかと思って下さる方、↓↓↓リンクからどうぞ☺
Spotifyhttps://open.spotify.com/show/4uQh8dLCbMeksUlYfGtcDj
Apple Podcasts: https://podcasts.apple.com/us/podcast/wasabi-bonbon-radio/id1529453923
Anchor: https://anchor.fm/rockin-wasabi

.......................................................................... 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
↓ ブログランキングへの参加を始めたので、ぜひ1クリックして応援をお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村